正絹小紋

正絹小紋の正絹とは、絹糸だけで織った着物のことです。
小紋は繰り返し模様の型染めの着物のことをいいます。色や柄の大きさは様々ですが、全体的に柄が入るのが特徴で、洋服で言うとプリント柄のワンピースのような印象です。もとは柄の大きさにより、大紋、中紋、小紋と別れていましたが、現在はそれらを総称して小紋と言います。

訪問着を着ていくほどではないけれど、レストランでの披露宴やお祝いの席、あるいは、ちょっとおしゃれな街着としても、とても便利なお着物です。