正絹小紋

正絹小紋の正絹とは、絹糸だけで織った着物のことです。
小紋は繰り返し模様の型染めの着物のことをいいます。色や柄の大きさは様々ですが、全体的に柄が入るのが特徴で、洋服で言うとプリント柄のワンピースのような印象です。もとは柄の大きさにより、大紋、中紋、小紋と別れていましたが、現在はそれらを総称して小紋と言います。

訪問着を着ていくほどではないけれど、レストランでの披露宴やお祝いの席、あるいは、ちょっとおしゃれな街着としても、とても便利なお着物です。

全国各地で織られる紬は、折りの着物の代表格です。生産地によって風合いが異なり一反を織り上げるのに非常に多くの手作業が繰り返されます。もともとは、出荷できないくず繭を使って織られた庶民の日常着でしたが、現在では作り手の減少により希少価値が高まり、結城紬などは高価なものとして紡ぎファンを魅了する着物となりました。基本的には街着の扱いになりますが、最近では後染めの訪問着なども作られるようになり、用途や着ていく場所の幅も広がりを見せています。